Skip to content

MRの仕事は転職に有利でしょうか。

MRという職業を知っていましたか?

また転職希望者が多い事もご存知ですか?

MRとはメディカル・リプレゼンタティブ(Medical Representative)の頭文字で、医療情報担当者という意味です。

そう聞けば、特に大学病院や県立病院などで、診療時間が終わる午後に、医務局を訪ねてくるサラリーマン風の人たちが思い浮かびませんか?

彼らは製薬会社の営業マンで自社の薬を使ってもらうべく、医薬品の情報である品質や安全性について提供したり、伝達したりということを主に行っている薬の営業マンというりっぱな専門職です。

専門職なら転職したい人も多いと思いますが、日々進歩する医薬品を正しく使用してもらうためには、医師を始め、病院の関係者にその情報を理解してもらう必要があります。

それは自分自身がその医薬品をよく知らなくてはいけないということです。

特に命の関わる重い疾患を持つ患者には欠かせない薬はたくさんあります。

そのような患者のために少しでも有効なものを提供してくれる仕事をしているということです。

最近の大学生にも理系、文系に関わらず学生に人気のあるMRという仕事だそうですが、現在製薬会社に勤めている人の中にもMRの認定を受けて転職しようとする人が多いといいます。

データによるとアメリカよりも日本の方がその仕事に従事している人が多いそうですから、ますます人気が高まることも予想される職業です。

このMRとは資格試験があるわけではありません。

ほとんどは会社での認定試験で合格し、認定を受けるものです。

とはいえ、難しい医薬品に精通して、なおかつ営業力を問われる事ですから、誰でもが簡単に認定を受けることはできません。

扱い方によっては命を左右することにもなりかねませんから、単に医薬品を搬入することという無責任な仕事でもありません。

そういったことを十分理解し、患者さんの為にという人でなくては務まらない仕事ともいえます。

MRへの転職を希望する人はこんな人たちです。

MRとして転職するにはここをチェック

必ずしも製薬会社に勤めていなくてもいいですが、営業力に優れていることも必要であるといえます。

Categories: .